トピックス

愛媛県空調衛生設備業協会からのお知らせ・報告

2018年11月12日 [愛ロード]

平成30年度第3回 愛ロードサポーター事業活動

日 時:平成30年11月10日(土) 午前9時~10時

場 所:県道松山港線(愛媛新聞社前~フジグラン~六軒家の四電工前)

参加者:27名

   

 今年度3回目の愛ロードは、はじめてお天気の心配をせずに当日の朝を迎えることができました。

 土居会長のあいさつ、大門副委員長の人員点呼の後、日陰では少し肌寒く感じる風が吹く中、和気あいあいの雰囲気で道路清掃を行いました。

 近隣の事業所が普段から清掃していると思われる所には殆どゴミがありませんでしたが、他の場所ではあいかわらず路上に吸い殻が数多く見られたほか、植え込みの中には、ペットボトルや包装用のプラスチックゴミなどもありました。

 最後にいつもどおりみんなでゴミを分別し、無事に今年度最後の愛ロードを終了しました。

 参加した皆さん、大変お疲れ様でした。

 

 

IMG_0885s.jpg

 

IMG_0897s.jpg

 

IMG_0899s.jpg

 

IMG_0902s.jpg

 

DSCF5404s.jpg

 

IMG_0378ss.jpg

 

IMG_0387s.jpg

 

IMG_0389s.jpg

 

IMG_0913s.jpg

2018年11月06日 [マッチングフェア]

日 時:平成30年11月5日(月)、14:00~15:40

場 所:東予高等学校 体育館

対 象:同校の1・2年生(計159名)

参 加:14企業・団体

 

 東予高等学校のマッチングフェアに参加しました。

 このフェアは、同校が、1・2年生を対象に、地域産業への理解促進と勤労観・職業観の醸成、そして将来の適切な進路選択に資する目的で毎年開催しているもので、当協会からは、土居会長と会員企業の東洋管工㈱の藤岡社長が出席しました。

 

 当協会のブースには、合計30人の生徒が訪れ、はじめに日空衛のPR動画を用いて空調衛生設備の仕事を紹介した後、藤岡社長が、同社の概要や施工実績、具体的な仕事の内容と資格取得のサポート体制、さらには社員旅行などの福利厚生についても説明し、この仕事のやりがいと地元就職の意義を訴えかけました。

 続いて土居会長が、当協会の活動内容をはじめ、社会人としての心構えや仕事に向かう姿勢などをお話しして、説明会を締めくくりました。

来訪した生徒さんたちは、各グループとも熱心に聞き入り、大変有意義な説明会となりました。

 

 DSC_0554s.jpg

 

DSC_0613s.jpg

 

DSC_0661s.jpg

 

IMG_0864s.jpg

2018年11月01日 [その他]

 【平成30年度第25回全国会議 感想】

 

                                                                      日機愛媛㈱ 竹下 明伸

 

・基本課題「空調衛生工事業の独自性の確立~働き方改革の実現に向けて~」について

 

 少子高齢化に加えて低賃金における労働者不足が深刻化する中で、避けては通れない問題であり、今後とも働き方改革を推進してほしい。

 

・基調講演「建設業の構造的問題と働き方改革」

 

 国内環境と海外での事例など丁寧に説明をいただき大変参考になりました。

 建設業界の常識や慣例にとらわれることなく改革をしていただきたい。

 現場での朝礼の廃止や昼礼などの実施など、良い提案だと感じました。

 また、アメリカでの技能士に対する賃金に驚きましたが、近年の日本では3Kプラス安い賃金となっており、ますます若者に人気のない職種になってしまう。

 

・事例発表1「魅力ある設備業界に向けて~経営者の変化が人を育てる~」

 

 夢を持って仕事に取り組むことの大切さや、経営者が先頭に立ってやりがいのある仕事作りを実行することが参考になりました。

 

・事例発表2「中小建設業の業態変革~生産プロセス改革による省力化~」

 

 コスト低減や効率化を独自で図っているところに感銘を受けました。

 同時に価格競争だけに巻き込まれないように、バーチャル映像を使った提案型営業スタイルは参考になりました。

 

2018年11月01日 [出前授業]

 【出前授業 (10月19日 八幡浜工業高校 1年生) 感想】

 

 

 作業者2人で、山の水道の災害復旧を行ったのがすごいと思いました。この復旧のおかげで水が供給され、みかんが育ち、多大な損害が防げたことが印象に残りました。これからの進路選択に役立てたいです。

 

今回の出前授業でスプリンクラーがどのように役立っているか知ることができよかったです。これから畑などのスプリンクラーを見たときにこの授業について思い出せたらいいなと思います。

 

 豪雨災害でとても大きい配管などが流されてしまい、その復旧をためにすぐに図面を描き、必要なものを考えた対応がすごいと思いました。僕もその様になれるように頑張りたいです。

 

 災害が起こったとき、いち早く対応できるように考えることで、困っている人たちを助け、命を守ることに繋がり、このことは工業関係の仕事として大事なことだと感じました。今後の学校生活は、自分の進路をしっかりと考えながら過ごしていきたいと思います。

 

 今までスプリンクラーは見たことがあったけど、触ったことはありませんでした。今回の出前授業を受け、八幡浜のみかん畑を助けてくれていることを知りました。自分も何かを助ける格好いい仕事に就きたいなと思いました。

 

 たくさんの被害を残した西日本豪雨。村上さんが破壊された配管を復旧させたように、復興のためにたくさんの方々の力があったことを忘れずにいたいと思います。また、スプリンクラーはどういう仕組みか分かりませんでしたが、説明を受け実際に触ってみることで理解が深まりました。

 

 スプリンクラーは、人間がわざわざ水を撒かなくてもいいので、すごく便利だと思いました。未来には、こういう機械がもっと増え、便利で楽になるのはいいなと思う反面、自分たちの仕事が将来無くなってしまったらどうしようかなと思うときがあります。

 

 西日本豪雨によってみかん農家の人たちが大変な被害に遭ったことは知っていましたが、スプリンクラーで水を撒いていること、そして、みかんを育てるのに大切な水が通らなくなってしまったことは知らず、授業で提示された写真を見ながら、村上さんたちが短時間で修理したことは、みかんの命を守ることに繋がり、本当にすごいことで、ありがたいことだと思いました。

 

 今までみかん畑でスプリンクラーが水を撒いているのを見ても、当たり前で何も感じなかったけど、この出前授業を受け、スプリンクラーの大きな役割を学ぶことができました。多くの技術者の高い技術によって、たくさんのことが支えられ、成り立っていることを実感しました。今日の出前授業で学んだことを忘れず夢に向かって進んでいきたいです。

 

2018年10月31日 [その他]

(一社)日本空調衛生工事業協会 第25回全国会議 

日 時:平成30年10月25日(木) 13:30~17:00

場 所:徳島グランヴィリオホテル

 

 今年度は四国徳島での開催のため、四国4県で盛り上げようと今回は理事の皆さん、事務局も参加しました。

  芝浦工業大学 教授 蟹澤宏剛氏の「建設業の構造的問題と働き方改革」の基調講演の他、ルピナ中部工業㈱ 社長 柳沢健一氏の「魅力ある設備業界に向けて~経営者の変化が人を育てる~」、㈱ヤマト 主査 星野圭佑氏の「中小建設業の業態変革~生産プロセス改革による省力化~」の事例発表がありました。

 その後の懇親会では、阿波踊りが披露され、会場内で一緒に踊って大いに盛り上がりました。

 

2018.10.25(全国会議・徳島)会長挨拶s.jpg

 

IMG_0802s.jpg

 

IMG_0813s.jpg

 

IMG_0832s.jpg

 

IMG_0859s.jpg

 

 

1  2

新着トピックス

愛媛県空調衛生設備業協会会員様専用ページ
携帯サイト

このページの上へ