http://www.ehime-kuei.or.jp/topics/

2017年02月24日 [ノーダン運動パトロール]

ノーダン運動パトロール実施感想

                                        技術委員長 二神 淳

 

 本年度も継続事業として、官公庁発注工事の現場で実際に、どの様な安全確保を図っているかを会員企業の受注工事でもって見るノーダン運動パトロールを実施いたしました。

 参加企業は中予地区12社 参加者15名、南予地区9社参加者11名にて、身体障がい者福祉センター外改修衛生設備工事、宇和島水産高校ポンプ室新築外衛生設備工事の二つに分かれて開催され、私は両地区に参加しました。

 平成29年2月17日(金)に開催された南予地区ノーダンパトロールでは、施工業者である豊田冷機工業さんの事務所をお借りしまして、工事概要の説明及び現場状況の説明を受けたあと、現場に移動しパトロールを開始しました。

 現場内は、竣工工期が一月に迫っている状態でしたが、工事大半のウエイトを占めている重量機器等の搬入が未工であったため、今後の安全対策・工程対策が重要と考えられました。学校施設の使用しながら工事でもある為、第三者災害対策が非常に困難を極める現場ですが、よりいっそうの対策を建築業者・電気工事業者との打ち合わせを今後も、密にお願いしたいと思います。

 その後は施工体制台帳や施工体系図、作業員名簿など書類関係の確認と、参加者で意見交換会を行ない、安全に対する意見を出し合い重要性を再確認するとともに、県工事の評価加点となる 地域貢献、創意工夫について話し合うことで有意義な活動にすることが出来ました。今後の仕事にも十分に生かしていきたいと思います。

 これから業界は益々繁忙期入りますが会員各社の皆様の、引き続きの災害ゼロを祈念いたしまして私の感想とさせて頂きます。

 活動に参加した皆様お忙しい中また、寒い中に本当にお疲れ様でした。来期の事業も、何卒宜しくお願いします。

新着トピックス

愛媛県空調衛生設備業協会会員様専用ページ
携帯サイト

このページの上へ